終わりのない不安感から抜け出す簡単な方法

さて本日は、私が家で一人の時、
どうしようもない不安感に襲われたときに必ずすることをお伝えします。

独身一人暮らし彼氏なし安定した職もなし・・・
うん、不安要素しかないような私のスペックですがこんな私でも毎日楽しく生きています。

不安にならない方法、というよりは、
不安になっても大丈夫なところに戻ってくる方法
という感じですかね。

不安なこと・思っていることをすべてノートに書き殴る

f:id:y-i-epicday-1-1:20171010155325j:plain

え?
そんなこと?
って思ったあなたはノートに自分の感情を書き殴ったことがありませんね?
もしくはすでにそんなことは実行していますね?
(そりゃどっちかや)

ノートに書くときのルール

まず始めにノートに書くときのコツというか、ルールを作っていただきたいのですが、

  • これ専用のノートを1冊作る
  • 絶対に人に見られないように管理する
  • 書くときに絶対に自分に嘘をつかない

この3つを徹底してください。
1つめと2つめは、3つめの
「自分に絶対嘘をつかない」
を実行するためにすることです。

人に見られる可能性があるとどうしてもどこかで、本心って書けずにかっこつけたりきれいごとを書いてしまったりしがちです。
それを防ぐためにも、しっかり自分でこのノートは絶対に人に見られることはない。
だから何を書いてもいいんだ、と認識させてあげることが大切です。

ノートに書くことで起こるメリット

  • すっきりする
  • 自分が何に対して不安を持っていたのかはっきりする
  • 感情が整理される
  • 問題が見えるので解決策が出てきやすくなる

不安感に襲われてる時というのは、原因が分からなかったりするものです。
頭の中で考えたことって、目にみえないから次の瞬間にはどこかに消えてしまったり新しい感情が生まれたりで、なにがなんだか分からなくなる・・・

それが文字という見えるものにすることによって、はっきりするのです。

以前、バイト先の会社がお願いしている税理士さんとお話しさせていただいた時に印象に残っていたのが、

「お金の管理は見える化をすることがとても大事。
人は意外と何にいくら毎月使っているのか、毎月必ず必要なお金がいくらなのか分かってない。分かってないから、いくら稼げば良いのか、どんな風にお金を使えば安心して生活できるのか分からない。
それを知るだけで不安というのはだいぶ減るんですよ。」

という言葉でした。
見える化。
実体のないものはこわいです。
おばけとかもそうなのですね。

恥を捨ててノートに書く

書いたことがある方は分かると思うけどこれって恥ずかしいっつーかみっともないってゆーか・・・
けどこれ書くと不思議とすっきり。
というか、考えてもどうにもならないことばっかで悩んでることに気が付くと思います。

誰かに見せる目的で書くわけではないので、なーんでも書いて大丈夫です。

自分が何を思っているのかが見える

文字にして客観的に見ることによって、
自分は何を不安に思っていて何を望んでいるのかが少し見えてくるんじゃないでしょうか。
私の場合はこれは
「ずっとひとりでいるのかもしれない不安」「私にもっとかまってほしい」
にたどり着きました。

何回も言いますが、大切なのは絶対嘘を書かないこと。
人にむかついたって良いんです。
怒りや悲しみ、恥ずかしい、みっともないという気持ちは時々自分の中でなかったことにしてしまいます。

けれど大丈夫です。

人間なので基本的に何を思ったって感じたって、自由なんです。
(それを表現するかしないかは別として)

終わりのない不安感から抜け出す簡単な方法まとめ

不安でどうしようもない夜は、もしかしたらあなたの中の本当のあなたと向き合う絶好のチャンスが来たのかもしれません。
だったらそれを活かさない手はありません。
ひたすらノートに書きまくって、自分が不安になることを許してあげてくださいね。

そうすると不思議と不安な気持ち、小さくなっていきますよ。
ぜひ一度、だまされたと思ってお試しください!

最後に、私がとてつもなく尊敬するB’zの稲葉浩志さんの歌詞からあなたにプレゼント!

ややこしいのは

世の中じゃなくて

この頭ん中

                            B’z「Don’t wanna lie」より

Don’t Wanna Lie(初回限定盤)(DVD付)posted with カエレバB’z VERMILLION RECORDS 2011-06-01Amazon楽天市場

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です