「フェミニストはブスばっか」は悪口になり得るのか

よくフェミニストをバカにする、悪口を言う感じで「フェミはブスばっか」というものを見かける。

果たしてそれは悪口になり得るのか?ダメージを受ける必要があるのか?

事実として、どちらもいるだろう。

まず、この「フェミはブスばっか」に対する私の返事は「フェミニストには容姿が綺麗とされる人もそうでないとされる人もいますよ」ということだ。

これは2019年7月現在のこの日本の「美の価値観」に照らし合わせて考えた時、という話。

事実をお伝えするとこういうことだと思う。

で。そのあとに「だからなんですか?」としか言いようがない。

誤解しないでほしいのは、だからいいとかだから悪いとかいう案件じゃない、というのが私の考え。

この「フェミはブスばっか」に対する返事として「フェミニストにも美人がいます」が対抗にならないように、そもそも「フェミはブスばっか」は攻撃にならないのだ。

だってブスは何も悪いことじゃない。たまたまその顔で生まれてきただけの話だ。
それは逆に美人だって一緒。たまたまその顔で生まれてきただけ。

その生まれつきの才能を活かすことはあっても、それが原因で人間の基本的な権利が奪われることはないはずだ。だって繰り返すけどその顔で生まれてきただけなんだから。

そもそもこの人、フェミニストの顔ちゃんと見たの?

それが私の基本的な考えだけれど、そもそもこの「フェミはブスばっか」と言った人、フェミニストの顔をたくさん見て判断したのか?という疑問。

そもそもこの人の美の価値観で判断すらせずに言葉を発しているのでは?
もしこの人が多くのフェミニストの顔を見てきてじっくりジャッジし、(そんな権利はないのだけどするとしたら)その上で「フェミはブスばっか」と本当に感じているならば、この人はフェミニストに限らず日本の女性を綺麗だと思うことがそもそもめちゃくちゃ少ないのじゃないか?

目に付く女性のほとんどがブスに見えるのだろう。そういう美の価値観なんだろう。

世の中には色々な人がいるのにフェミニストにだけ容姿が良くない人が集まるなんて変な話。

私たちは女性の権利を語るときに美人である必要はないし、自分の容姿が優れていないと思っていても全然悪い存在じゃない。
ブスばっかって言われて落ち込む必要なんてどこにもない。

もちろん落ち込んでもいい。だけど落ち込んでも、悲しくても、あなたは何も悪くないということを言いたい。(私にも言いたい)

ちょうどいいブスのススメ

私は山﨑ケイさんの「ちょうどいいブスのススメ」が嫌い。
そんなことススメないで、と思う。

ブスだから謙虚でいなきゃいけない理由は?
モテるために自分はこの程度の人間なんでという態度をしなければいけないの?

ブスって、何か悪い存在なんですか?

それを同じように容姿が良くないとされる男性にも言うのか?

どんな容姿の人でも自分のことを好きになって、自分に自信を持って生きた方が私は良いと思う。幸せに繋がると思う。

自分が勝手にそうであることはもちろんいいけど、人にススメないで。

「ブスだから謙虚でいなさい」=「ブスは悪い存在」というメッセージになっていないだろうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です