【終了】朝日新聞社×お茶の水女子大学主催シンポジウム「121位の私たち ジェンダー格差をどう変える」に登壇しました。

2021年3月3日(水)、シンポジウム「121位の私たち ジェンダー格差をどう変える」(朝日新聞社、お茶の水女子大学主催)で、ジェンダー格差指数121位の日本の現状や改善策を語りました。

121位の私たち ジェンダー格差をどう変える

●開催日時:令和3年3月3日(水)14:00 ~(約2時間)
●開催方法:オンライン   ※言語が英語となる場面については、字幕又は逐次通訳がつきます。
●参加費:無料
●参加方法:お申し込みの際は、朝日IDの登録(無料。メールアドレスとパスワードの登録のみ)が必要となります。
お申し込みされた方に、視聴用URLが送られます。

●出演者:・室伏きみ子
お茶の水女子大学長
・ジェシカ・ベネット
ニューヨーク・タイムズ 初代ジェンダーエディター
・フランチェスカ・ドナー
ニューヨーク・タイムズ ジェンダーイニシアティブディレクター
・リッチ素子
ニューヨーク・タイムズ 東京支局長
・堀江敦子
スリール株式会社代表取締役
・石川優実
♯KuToo運動呼びかけ人、俳優
・望月洋嗣
朝日新聞国際報道部長代理、GLOBE前編集長

【関連記事】

「脱・ジェンダー格差121位」のために私たち一人一人ができること(朝日新聞GLOBE)
https://globe.asahi.com/article/14292333

完璧じゃなくていい、時には休息を NYタイムズから日本の女性たちへ(朝日新聞GLOBE)
https://globe.asahi.com/article/14292254

「121位の私たち ジェンダー格差をどう変える」を開催しました(お茶の水女子大学)
https://www.ocha.ac.jp/news/20210322.html

スポンサーリンク